給付金を受け取る流れ

弁護士B型肝炎給付金を受け取るには、先ほどご紹介した資料を全て収集しなければいけません。提出する必要資料は数が多いので、一つ一つ丁寧に集めて行く事が重要になります。B型肝炎給付金を受け取るのに最も手間がかかるのがこの書類集めになりますので、無理なく無駄なく収集するように心がけてください。

次に必要になってくるのが訴訟の提起です。給付金と言ってもそのままもらえるわけではなく、裁判を起こさなければいけません。個人で訴訟の提起は中々にハードルが高くなっておりますので、弁護士に依頼するのが一般的です。弁護士に依頼すると、給付金を請求するための訴状を作成してくれます。作成した書状は最初に集めた裁判所へ必要な添付資料と一緒に提出してくれます。この時、弁護士に依頼しておくと、B型肝炎の感染被害者であることの証明や給付金の受給要件に必要な書類が揃っているかや、書類に不備や記入漏れがないかをチェックしてくれますので非常に頼りになります。

その後、弁護士が国との和解をすすめ和解が成立します。症状・病状に応じた給付金などの金額が決定します。弁護士が和解調書など給付金の請求に関する書類を社会保険診療報酬支払基金に提出すると、和解した給付金を受け取ることができます。

関連リンク『B型肝炎訴訟