B型肝炎の給付金

B型肝炎のための給付金を受け取るには、B型肝炎の給付金を受け取る資格があるのが大前提になります。基本的にB型肝炎の給付金について受給対象となるのは、現在B型肝炎ウイルスに持続的に感染してる人の中で集団予防接種など注射器の連続使用によって感染してしまった一次感染者か、母親が一次感染者で母子感染した二次感染者、一次感染者と二次感染者の相続人の方のみになっております。

廊下一次感染者の方の場合には、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれていて、現在B型肝炎ウイルスに持続感染している人の中で満7歳になるまでに集団予防接種かツベルクリン反応検査を受けていて、なおかつ集団予防接種以外の感染原因がない方に限ります。二次感染者の場合には、自分の生みの母親が、先ほど紹介した一次感染者の要件をすべて満たしていて、自分がB型肝炎ウイルスに持続感染している。そしてB型肝炎ウイルスの感染原因が母子感染である方と限定されています。また一次感染者と二次感染者それぞれの要件を満たしている相続人のみがB型肝炎の給付金を受け取る事ができるのです。

ここまで簡単にB型肝炎の給付金を受け取る要項をご説明させて頂きましたが、B型肝炎の給付金を受け取るにはこれだけではいけません。他にもB型肝炎の給付金を受け取るために重要な内容がございます。そこでこちらのページでは、これからB型肝炎の給付金を受け取ろうと思っている方の為に、B型肝炎の給付金を受け取るために必要な情報をご紹介します。